37歳パート勤務、怪しいスピリチュアルな文言に騙され毎月赤字

名古屋市在住、37歳、夫、10.6.2歳の子供がいて学校の給食調理のパート勤務をしてます。

最近メディアでも書店でもよく見る断捨離に興味を持ち、心がときめくもの、とか本当に必要なものだけに囲まれる生活が素晴らしい!と思い込むようになり、心理カウンセラーや、某アイドル、俳優などがここぞとばかりに断捨離してます。という記事を目にするたびに、「ああ、私も断捨離したり、ときめくものに囲まれたら素晴らしい世界が観れるのかも!」と思い込んだ時がありました。

当時は、お金の回りや、運勢がよくなりました。という記事や書籍を見つければその本を読み漁りました。

その中で、お金は使えば使うほど回るし、入ってくるというキーワードに、え??ほんとに?と半信半疑でしたが、その中に「もし、欲しいものがあって、買わずに色々理由をつけて迷うのは、お金の心理的ブロックが働いているからです、あなたが真に幸せで自由な生活を目指してるのならお金のブロックを外してみてください、今までに見たことない世界がらみれるはずです。」という文がやけに引っかかり、確かに私はお金を使うときに、買えない理由や、立ち止まる癖がある…。と、もし、私もこのお金のブロックが外れたらもっと自由に幸せになれるのかも!と思い。

ブロックを外すことを、その本では、バンジーする。という表現方法で表してたのですが。私もバンジーしてみることにしました。

自分の本当にときめくものを買うにもお金が必要なので、まずは一番ネットで検索したときに、安全そうな名前があった三菱UFJキャッシングにネット審査を、申し込みました。免許証を指定アプリで撮影し、勤め先への在籍確認電話確認などがありました。パート勤務なので50万円なら貸し出し可能枠だということがわかり、50万借りて、これでお金のブロックが外れるのなら。自由になれるのなら…と、バンジーしてみることにしました。

ときめくものを買う。とにかくお金に糸目はつけずに、欲しいと思ったものを遠慮なく購入していきましたが、1年後全くお金が回らず、赤字ばかりになってる現状に気づかされ、支払い返済の金利ばかりがかさみ、元金がスズメの涙だけしか払えず、ずっとマイナスだらけ、結局お金を使ってる時は気分良く気持ちよく自由になれた気がしたけど、返済の金利ばかりにお金を支払っているようになり、手元に残る現金が家計を圧迫するほど、何の為にお金を借りたのかがわからなくなるくらい、周りが見えない、スピリチュアルお金が回る回る詐欺に引っかかり、盲目状態になっていたことに気づかされました。

結局最後に残ったのは、食費さえ実家に頼らなくてはいけなくなってしまった現状で、お金に脅かされた日常でした。

まとめ

アコムやプロミスなど、キャッシングは、カード一枚さえ持っていれば、いつでも返済可能だし、引き出しも便利だし、目に見えない金利という空気のような後から発生する借金を見てみないふりをすることが容易にできてしまう。お手軽だからこそ立ち止まって自分がどれだけの借金を発生させているのかを見つめて、きちんとお金を見える化することで、負のスパイラルは防げると思いました。

関連記事

このページの先頭へ